自然薯で作る日本の風物詩・エコで美味しいカーテンが山口県から広がっています

   やまいもまつりネットワークの緑のカーテン推進運動

一石三鳥の自然薯カーテン
  古来より活用されていた自然薯を使った緑のカーテンですが、今、新たにこのエコで美味しい山芋グリーンカーテンが注目を浴びています。古くて新しい先人の知恵をこれからの日本の風物詩にしようと普及活動を進めています。課外学習・食育などにも活用できてイベント力もアップ!地域の交流に貢献することは間違いありません。

  特集トップ 山芋カーテン設置例 山芋カーテンの作り方 緑のニューディール作戦  山芋カーテン会員募集

□やまいもまつり(有) - サイトマップ

エコで美味しい自然薯グリーンカーテン

Y元気な日本特有の山芋の自然薯は多くの利点や適応性があって、グリーンカーテンにも最適です

日本の風物詩となれ!山芋グリーンカーテン
「じねんじょう」は自然に生えるところから自然生と呼ばれる希少な日本原産種の作物です。古来より、美味しい健康食として愛されてきた山の幸です。
春から秋にかけて、ハート型の可愛い蔓葉が群生しますので、涼をよぶ日よけに最適です。夏には花が咲き、ハナタカメンがぶどうの房のように垂れ下がり、ムカゴ(子実)も出来ます。晩秋には、他の植物に先がけて、きれいに黄葉し、冬枯れの頃には地中の芋が充実します。 四季折々にわたって楽しむことが出来る植物です。

このじねんじょう山芋(自然薯)のグリーンカーテンは、昔より畑の建物や倉庫の陽よけに使っておりましたが、コンテナを使った直売所がオープンした時に、設置したところ、周辺地域から、県全体へと思わぬ活躍が始まることとなりました。

 

.

  日本の風物詩

■ストーリーは道の駅から始まった・・・

昔より、陽よけに圃場の物置や倉庫、家屋南面にツル系の植物を置くというグリーンカーテンの知恵は伝わっているのですが、冷房が進化した便利なご時世、身近な生活文化をついつい忘れがちになっておりました。
周南市で初の道の駅が計画され、その実証店舗として平成21年秋に立ち上げました「ゆーとぴや」は、コンテナハウスをそのまま流用した直売所、真夏での暑さが当然予想されました。
葉ものや生花も扱っており、そのままエアコンをガンガンかける訳も行きません。そこで白羽の矢が立ったのが直売所で販売していた「自然生(じねんじょう山芋)」という訳でした。

 → 緑のカーテンプロジェクト2010
  by 直売所・ゆーとぴや(新聞記事)

ドーム型のグリーンカーテンを設置した道の駅実証店

.   ストップ温暖化活動

■あっという間に広まった・・・

直売所から始まりましたグリーンカーテン取組みが新聞などに取り上げられて、あれよあれよと周辺に広がっていきました。 すぐ近くの戸田小学校では、定植から、むかごの収穫、山芋の収穫と一年を通しての課外学習、食育実習として毎年6年生が取り組むことになりました。(湯野小学校でも取組みが始まっています)
中学校や、市役所などでも山芋のグリーンカーテンが作られて、地域活動の一環としてユニークな役割を担い始めました。
そして、節電などのエコ効果からも「山口県ストップ温暖化トメリンピック2010」にもとりあげられ、あれよあれよいう間にエコ活動の県大会で優勝することとなり、環境省が主催する「ストップ温暖化一村一品」全国大会に出場することとなりました。

ストップ温暖化一村一品大作戦・全国大会2010

 ストップ温暖化全国大会で表彰されました

  自然薯カーテンの作り方

■はじめよう山芋カーテン・・・

桜の開花する頃が植え時です。
プランター栽培も可能ですが、地植えの方が管理も楽でよく育ちます。野生の力が強いので、耕土なら肥料は不要で適当な湿度があればOKです。盛夏から残暑の頃に葉が密生して、9月に可愛い花が咲き、10月には葉の脇に零余子(むかご)という子実が実り、集めてむかご御飯などで食べます。
晩秋には、葉っぱが黄金色なって、すっかり枯れると山芋が収穫できます。(大きいものは食べられるよ!

 → 山芋カーテンの作り方
  (プランター栽培も可能)

周南市役所のグリーンカーテン

 

個人的にご家庭で楽しまれるのも良し、地域やグループ、企業で取組まれるも良し。

 → 山芋グリーンカーテンの活用例

.   

■の力を地域の元気・活力に・・・

そして、このグリーンカーテン活動を地域産物の特産化から、6次産業化の流れの中で捉えますと、まさに地域経済の元気を生み出すストーリー上のシンボルだと見直すことができます。
自然生(じねんじょう山芋)という稲作が到来する以前より、私たち列島の人々の食を担いつづけくれた植物、日本原産種の山野に自生する野生の力を、ここで改めて再認識しました。

これからもこの元気さを、もう一度私たちの持続可能な地域の活性化に役立てようという地域振興プラン「おっとろろ元気村構想」の弾みにもなります。
休耕地の活用、自立営農、6次産業化、地域経済活性へのロードマップを照らす道しるべとなるよう取り組んでいきます。

 → 緑のニューディール作戦(動画あり)
 → おっとろろ元気村ロードマップ

グリーンカーテンの活用法

●自然生のグリーンカーテンを設置希望の方は → ご一報下さいませ。
山芋まつり会員募集中
じねんじょう山芋(自然薯)と私たちの暮らしをつなぐために、グリーンカーテン普及をはじめ、
山芋の伝統食を使った食育活動など、やまいもまつりネットワークでは仲間を求めております。

 


自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール