オンリーワンの食材、自然薯で作り出す繁盛店

   遠来客・目的客で繁盛する店づくり・・・

 

関東の食文化でもありました蕎麦が、手打ち蕎麦ブームの中で、あっという間に全国的に普及して、何処へ行っても美味しい蕎麦が食べられるようになりました。とろろ汁文化はまだまだマイナーではありますが「知る人ぞ知る」日本人の感性を揺さぶるソウルな食文化です。全国何処でも一街にせめては一店、極上のとろろ汁が食べられるお店が出来る日も近いかもしれません。


   《新規独立・開業支援プロジェクト》はこちら

●ホームページ  http://www.maturi.co.jp/ .

○ 健康志向の人気メニュー・人気店づくり


★応募フォーム(提案書・試食セットの申込み)は最終ページ(4P)にあります・・・・

昼も夜も愛顧客が訪れる人気店・人気メニューづくり

  ● 厳しい中食・外食時代に、生き残れる自信はありますか?
  ● 時代の風は何処に向かって吹いているのでしょうか?
  ● 貴方のお店は4つのキーワードを満たしていますか?


ここ2~3年、急激にお客様のニーズが変化しています。社会そのものの変化も大きくある方向へとうねるように変動しています。
貴方のお店の「魅力」や「特長」が色あせておりませんか? もう一度、初心にもどってチェックしてみましょう!



中食にはない魅力の外食を自然薯料理でご提案

中食(なかしょく)産業とは、外食と家庭での料理の中間にあるものとして、、惣菜や弁当などを買って、家庭で食べるような食品、惣菜や弁当類、調理済みパンなどの製造販売業を指して言われております。コンビニを経由する高付加価値な高級中食も増えていく傾向です。
この中食産業は、核家族化、個食化、家庭での料理の簡便化などから、また、外食ほど経費がかからないこともあり、年々市場規模を拡大してきています。平成20年には、推定で約7兆円に近づき、外食産業の3分の1の規模にまでになるという予測もあります。
この社会動向をふまえて、中食の攻勢に打ち勝つことができるような、魅力ある外食の提案を行っております。ぜひご一読ください。


自然・本物・健康・美容がこれからのキーワード。自然薯は注目の食材

外食産業にとって当然のことですが、まず一番に重要なのは味!。美味しいものを提供する事です。しかし、その嗜好や感覚も、西洋風の脂ぎったものから日本的な和の風味に社会の傾向に応じて変化してきました。私たちの体質に合った健康や美容によい物を探していくと、結局は、日本の伝統的な「和」の食文化へと行き着いてしまいます。
「美味しいもの」とは、人工的にあれこれ味が付けられたものではなく、「自然な物を自然な風味でいただくもの」という風に、感覚や意識が移り変わってきたと言えます。「古くて新しい食」これがこれから外食産業の取り組むべき大きなテーマの一つになっています。

次には、核家族化・高齢化や個食化の社会傾向にあっても、遠くからわざわざ食事処や酒処に足を向けさせることのできる「何か」をしっかりと獲得できるかどうかです。
安易な宣伝や価格だけで、人が走り回る時代は過ぎました。人は「味」だけではなく、その「何か」そのお店だけがもつ魅力を求めてやってきます。その「何か」を提供することができないお店は生き残ることはできません
期待より ちょっと上をいく おもてなしや演出、思いがけない「いいね!」があったら、うれしい、たのしい、そんな、しあわせのあるお店が本当に求められています‥‥



●NO.2 遠来の愛顧客・目的客をひきつけるオンリーワン食材のひみつ!

(資料請求欄は最終ページに)


《新規独立・開業支援プロジェクト》オーナー募集はこちらのページへ

自然薯料理店の開業・起業資料

自然指向と本物志向の時代に食通の自然薯とろろ店を一街に一店!

■話題性と本物風味の希少価値を生かすため、一地域・一商圏に一店 お世話できれば仕合せます。



自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール