自然薯パワーで村おこし・町おこし・ふるさと再生に向けて 振興プランいろいろ 

やまいもまつりネットワークの地域づくり『グローバル構想』
  ★活力と魅力に満ちた「おっ!とろろ元気村」 ロードマップ
ますます進んでいくグローバル化の中で、一人一人が生き生きと喜びや感謝を感じられるような、本当の活力をもった地域づくり「ローカルな力」が求められています。古来より私たちと親しんできた自然薯は、活力と魅力にあふれた作物です。この高い付加価値と高品質を活用した”元気なふる里”づくりを夢のある第六次産業として提案いたします。
 
  イラストで見るロードマップ(PDF) 拠点のイメージ図(PDF) 付加価値と6次産業化提案(PDF)

地域振興プランのトップページへ戻る

○ 地域戦略的なふる里づくり



天然の山芋・自然薯の専門料理店





『まだまだ未開発の分野で可能性は大』

今、都会と同様に農村でも地域社会の空洞化が急速に進んでいます。高齢化や過疎化そして流通や農業行政の歪みも併せて深刻な事態が進行しています。
都会でもそうでしょうが、農村においても自治体や有志の方々が、その事態に憂慮していろんな取り組みや、地域おこしを手掛けておられ、実をむすんだものや、これからのところ、なかなか前には進まないところと様々です。
幸いなことに農村地域には、地域再生に必要な多くのヒントや可能性が残っています。本来的に求められる人間とっての「宝」といえる自然が豊富にあるからです。
本来的な人々の喜びである「仕事」には事欠きません。日頃から見飽きた山や川や田畑はそのものが「宝庫」「財産」です。ちょっと角度を変えて見直すことで、多くのヒントや答えを導くことができるようです。


 →次へ (地方の価値・田舎の魅力) 


その2

○ 地域戦略的なふる里づくり


山芋の里・山口県
『地方の価値・田舎の魅力』





一方、都市と地方との経済格差はますます拡がっています。この差を埋めるため、地方の持っている価値を都市へ輸出し、おおいに買ってもらいましょう。都市社会の潜在的なニーズも「地方」へと大きく傾いています。産業や人口の一極集中に対する反動だけではなく、人間本来のあるべき姿を自然の土俵で考え直そうとする志向が強くなったからでしょう。
その延長で考えれば、地方のもつ価値の中で、素朴で、自然な風景はそのままで利用できるものです。都会では入手出来ないものが、地方ではそれこそ山のように眠っています。ただし、いかにしてそれらを日本人的な原風景に迫るような演出をどうするのか。じっくり体感させられる斬新な仕掛けや工夫が必要です。
とにかく都市部から人をつれてくる、引き込む、誘い込むための拠点を考えてみましょう。


 →次へ(まずは拠点づくりから)



その3

○ 地域戦略的なふる里づくり



おっ!とろろ元気村の構想
『まずは、拠点づくりから』





地域おこしには確かな拠点が必要となってきます。地域おこしの大きな原動力には人的なパワー(多くの仲間)が不可欠でが、その力をたくわえ、育む拠点が確保していなければ持続的な活動が見込めません。
まずは、この拠点が事業としてしっかり成立させることを、優先する方が目的への道筋がよく見えると思います。
この拠点づくりにはその地方や地域によって様々な形が考えられます。ここでは一つのモデルとして自然生をベースにおいた拠点づくりを提案したいと思います。実現に向けて、20年来の経験と実績をもつ当ネットワークが具体的にバックアップできる可能性が大きいからです。


 →次へ(元気再生に向けて)

 

その4

○ 地域戦略的なふる里づくり


おっ!とろろ元気村の構想
『おっ!とろろ元気村の構想』





まずは、自然生の栽培。これは畑さえあれば可能です。ノウハウは提供します。(農業としての栽培の項を参照)価格の過当競争にまきこまれることなく、無理のない規模でマイペースで栽培できる高収益な作物です。
次に、それらを加工した商品を作ることも可能です。(加工品の提案の項を参照)大掛かりなものでもなくても、手作りでもよいと思います。その方がかえって魅力が増します。
さらに、出来たものを売る「直売所」を営む販売事業。そして、それらの事業を集約する、象徴的な拠点として味処「和みの店」づくり事業です。(理想のとろろ料理店の項を参照)
この店のロケーションはネットワークのトップページあったイラスト風景が最高によく似合います。集客の目玉と事業として、周辺都市部へ大きくアピールします。できれば、敷地内か隣接地に手づくりの産地物を直売する「ゲンキわけわけ処」が設営され、自然食品のサンプルや資料展示場もあったりする。 「じか採りワイワイ市場」などができれば最高です。
さらには古い蔵を利用したギャラリーなども用意できれば言うことはありません。地域に元気な人がいれば、展示会やコンサートや講演会なども企画してよい。これらは採算を別にして、地域コミュニティの拠点として活用もしていきたい。
小さな田舎テーマパークへと成長していけば理想的です。


 →次へ (その他・元気村プランあれこれ)

 

  イラストで見るロードマップ(PDF) 拠点のイメージ図(PDF) 付加価値と6次産業化提案(PDF)

自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール