身近な地域資源を活用した振興アイディアを集めよう 

やまいもまつりネットワークの地域づくり『グローバル構想』
  ★活力と魅力に満ちた「おっ!とろろ元気村」 ロードマップ
ますます進んでいくグローバル化の中で、一人一人が生き生きと喜びや感謝を感じられるような、本当の活力をもった地域づくり「ローカルな力」が求められています。古来より私たちと親しんできた自然薯は、活力と魅力にあふれた作物です。この高い付加価値と高品質を活用した”元気なふる里”づくりを夢のある第六次産業として提案いたします。
 

イラストで見るロードマップ(PDF) 拠点のイメージ図(PDF) 付加価値と6次産業化提案(PDF)

地域振興プランのトップページへ戻る

○ おっ!とろろ元気村の構想あれこれ


『おっ!とろろ元気村のオプションプラン』

採る楽しみ・新鮮・安価--理想の地産地消 …必要な数だけ必要とする人が
       畑や山から採っていける→「じか採りワイワイ市場」
       ふつうの直売所とはチョット違うぞ →「ゲンキわけわけ処」

自然生グリーンカーテン(土育・食育・環育)…エコで美味しい山芋グリーンカーテン
       地域活性のグリーンニューディール →「グリーンカーテン特集」

植樹と永代家具オーナー制度 …オーナーとしての植樹、時が経って育った百合の木を
       家具や調度品として再生する →「田園の幸福」計画

ワンデイ体験グルメネットワーク …農家の軒下で季節の旬をたんのうしながら
       →「軒下貸しますー農家レストラン」

週末求人制度--地域通貨も活躍させよう …田舎で働いてもらおう!お給与は1,000でん?
       →「でんばた週末管理人」

●汗かきグリーンツーリズム …田舎で働いてもらおう!昔は親父が掘っていた?
       →(工事中)  「山芋(自然薯)掘り体験ツアー」



『おっ!とろろ元気村』の推進モデル →周南市湯野「新やまいもの里」


その2

○ 直取りワイワイ市場 


『採る楽しみ・新鮮・安価--理想の地産地消』


現在の大きな物流の中では、多くの作物はロスを背負っています。栽培された時点で、商品価値がないという理由で、形や色が悪いとか、不揃いだとかで何割かが捨てられます。遠距離輸送で鮮度が落ちます。販売しきれなかったものも捨てられます。採ったものを果たしてどれほど賞味されたのか、その率は場合によってはとても低いものです。
その点、必要なものだけを畑や山から採って食することには、全く無駄がありません。産直即売・直売所形式をさらに一歩進めて、必要な数だけ必要とする人が畑や山から採っていける場が方々にあれば理想的です。
収穫の手間賃も運送費もかからない安価で新鮮なものが手に入ります。


拠点づくりができ上がっていれば、その周辺の畑を解放するだけです。野菜や芋類などとった分だけの料金をいただく。
原木しいたけなども並べておく。竹やぶがあれば、タケノコも抜いてもらう。果樹園などは予約制で案内しましょう。管理運営方法は地域でやり方を考えましょう。地域の活性化に大きく貢献。アピールの方法に一工夫が必要です。

  →戻る






その3

○ ゲンキわけわけ処




『会話や交流が弾む・新感覚の直売所』


従来の直売所をもう少し見直してみましょう。無人の直売所には「人」が介在しない寂しさがあります。やはり物が動く時には、人が「間」に居ることが大切なことです。
そして、人が居ることを前提にした直売所を設けるなら、そこを拠点として大いに情報を発信していきましょう。田舎の元気を、疲れた人に分けてあげましょう。


ここの世話を週末管理人さんに任せてみるのもよいし、お料理くらべや、飲み比べも楽しいでしょう。人が集まるから、物も集まる。話や交流に弾むスタイルの直売所です。本当の意味の「道ばたの駅」という感じです。関連農家、関連企業、関連自治体などと連係をとって、おおいにアピールしましょう。


  →戻る

 

その4

○ 「田園の幸福」計画 


『(仮称)永世プロジェクト=植樹と永代家具オーナー制度』


みんなのふる里にある山に、来訪者の人々が木を植えてオーナー(持ち主)となり、10年20年後に里の工房でその木材を生かした家具をつくり、子や孫のひとり立ち祝いに、あるいは誰かに縁をつなぎながら永続的に受け継いでいく。
親から子へ、人から人へ、ふる里の自然と文化を継承しつつ、地元の産業として古きよき「物」や「技」を再生する。
有望な植樹木のひとつである「百合の木」の花言葉に由来して、この構想を別名「田園の幸福」計画と呼ぶ


ユリノキはモクレン科の落葉高木で、桐の木のように成長が速く材質が優れているため、家具や建材に重用される。また、5月にはチューリップ状の黄緑色の美しい花を開き、1つの花からスプーン1杯もの蜜を産するため、養蜂界で植樹を普及している。我が国でも知る人ぞ知る有用樹であるが、北アメリカ原産なので日本の山野に原生木はなく、植樹木として各地の里山や名園に存在する。新宿御苑に数本ある大木は有名。普通の森の中では最も背の高い木になる。



  →戻る


 

 

その5

○ 軒下貸しますー農家レストラン 


『ワンデイ体験グルメネットワーク』


山菜を一度は自分で採ってみたい。そしてここで採れたてを料理して食べてみたい~。(自然薯も掘ってみたい)
こんなささやかな願いを持つ人は、案外と多い。特に家族一緒にしてみたい。みかん狩りやりんご、ぶどう摘みも人気だが、山菜や普通のお野菜でも、あとの田舎料理しだいではもっと盛り上がる可能性のある体験グルメでしょう。ワラビ、ゼンマイ、山芋などの山菜や旬の野菜と素材には事欠きません。あとは田舎料理の腕しだいだ。お土産も用意しよう。


山菜・野菜採りと田舎料理をパックにした体験型の半日ツアー。といっても特別に用意するものは要らない。親しい友人を迎えるような普段の農家のままでよいでしょう。軒先き、縁側でいただくのも新鮮な気分です。
ただし予約管理などのノウハウが少し必要です。村全体で盛り上がって行くのが望ましい。メンバーの農家宅には「軒下貸します」のノボリを立てましょう。。


  →戻る

 

その6

○ でんばた週末管理人 



『週末求人制度--地域通貨も活躍させよう』


様々な地域活動や農家の雑作業を都会の人にやってもらおう!それもボランティアで!?「じか採りワイワイ市場」にしろ「ゲンキわけわけ処」にしても、人の手を借りることがたくさんある。お店や畑の管理や手伝いを、誰かに任せようというのがこのプラン。お給与は地域通貨と原物支給でよし。田舎の雰囲気を十分に楽しんでもらうのが目的ですから。 デイプランから週末宿泊プラン、長期型プランなどで人を集めよう


自然志向のレジャーと農村体験願望をドッキングさせたプラン。仕事の内容と期間などが、閲覧できるメディアが必要になる(インターネットなど)登録制。作業の内容や地域の取り組み方でいろんな形が考えられますが、あくまでも基本は、都会で暮らす人に田舎の素晴らしさを体験してもらう点にあるということです


  →戻る




 

  イラストで見るロードマップ(PDF) 拠点のイメージ図(PDF) 付加価値と6次産業化提案(PDF)

自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール