定植から発芽期の自然薯栽培ワンポイントアドバイス 


★値打ちある産物づくり・特産化事業の資料提供
1980年代よりの一村一品運動より、三十数年来の自然薯特産事業を手がけきました。その間に培ってきました自然生栽培の技術や特産化から6次産業化までのノウハウなど、やまいもまつりではそれらを大いに活用して、各地での農業振興や地域活性化事業に取り入れていただければ、情報提供・サポートは惜しみません。よろしくご検討下さいませ。

 自然薯特産化プラン 栽培資料請求 自然薯種芋ご予約 栽培のポイント 自然薯栽培 Q&A

□やまいもまつり(有) - サイトマップ
★下図(波板シートの作り方)をPDFで→ 拡大する

●定植から発芽期の自然薯栽培ワンポイントアドバイス



栽培・畝づくりのポイント ★畝づくりの準備…
 種芋を定植した後はすぐにマルチをかけますので、
 冬場の間によく耕して、砕土・ガス抜きなど
 整備して手下さい。


★栽培用波板なら、1枚に2本ずつ並列に作れますし、縦列の間隔(株間)も詰めて定植しても良いので、畝幅は広くとって畝を大きくしておくことが大事です。


栽培/穴明け★芽が出始めたら…

定植後おおよそ1ケ月も経ちますと芽がマルチを下から突き上げてきますので、そこになるべく小さい穴を開けるか、切り込みを入れる。

★暖地では「白黒マルチ」寒冷地では「銀マルチ」。
 雑草防止、地温の上昇や乾燥の防止に力を発揮します。
 ★ワラのマルチでも結構です。直接、土が雨に叩かれないよう工夫して下さい。


栽培発芽時
催芽せずに植えても1ヶ月前後で発芽しない時は、畝の横側から そっと掘って様子を観て下さい。(上から掘ると発芽点が傷む場合がありますので、気を付けましょう)
※発芽不良の原因が地温か湿気か通気かをよく観察して手直しをしましょう。



自然薯栽培は株元にご注意
株元の開口部が開いたままでは、雨水で中央部分が下がって、株元から水が入る。芋部が加湿状態になると奇形が多発する。

※芋部には水が入らないように。根部には水分を保つように管理すると、豊作になり逆にすると、不作になります。
ちょっとした思いやりや些細な作業が 収穫の差に・・・・


自然薯栽培での奇形発生の原因は過湿にあります。

猛暑の夏は注意することがあります!
↓↓↓↓↓
ダニ・コナガ大発生!(作柄報告)
(画像有り)


自然薯栽培の作柄  自然薯栽培の疑問・質問

定植〜発芽までの"栽培のポイント"は下のページにてご覧いただけます。
畝作りから発芽までの時期の概略のポイントを紹介しており
 ますので、定植された方は是非ご覧になって参照下さいませ


パスワードをお持ちの方は下のボタンからログイン下さい。
★初めての方は、下記より資料請求(無料)下さいませ。
(最新の栽培資料を郵送させていただきます)

自然薯簡易栽培法 自然薯栽培の切種の作り方
じねんじょうの特産化・栽培指導は、一村一品運動を通して30年にわたって関わってまいりました。
自然薯栽培の方法に関しましては、気候・風土や栽培規模など様々な条件によって、適宜な対応努力が
必要かとも思います。 一度、資料を請求された後,、他の資料と一緒に参照して閲覧して下さいませ。


 

自然薯栽培や種芋の資料請求欄

自然薯栽培の資料請求
定植・栽培・営農資料などを郵送いたします(無料)。

★FAXの連絡は(0834) 32-0988 TELの連絡は(0834) 32-0873まで


4●実際の現地圃場見学と自然薯の栽培講習会の風景

種芋案内/「黄金とろろ」の特長と高い商品価値に付いて
地域振興提案/ふる里づくり創出プラン「おっ!とろろ村」


種芋のご予約及びご注文

★種芋を直接ネットにて注文される方は下のボタンをクリック下さい。
自然薯の種芋予約ページへ

 

栽培・特産化事業 →資料請求 →種芋の予約 →自然薯栽培ポイント →栽培のQ&A →自然薯産地からの便り


自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール